貯金箱

年金生活が不安ならマンション経営にトライ

1棟貸すからできること

お金

懸念材料とオサラバ

賃貸オーナーにとって最も懸念材料となるのが、家賃の滞納や空室です。滞納なら後日に家賃が入る見込みは持てますが、空室なら完全に無収入となりますので、不動産投資のウマ味も希望も持てません。しかしサブリースを活用することで、そんな懸念材料ともオサラバできます。これは家賃保証も受けられる賃貸方式であり、自身が所有するアパートやマンションなどの賃貸物件を、1棟そっくり管理業者に貸し出す方法です。管理業者は借り上げた物件を改めて貸し出しますが、その際、家賃の滞納や空室がありましても、月々既定の料金が支払われることが魅力になっています。そのため、毎月の家賃収入が非常に安定しますので、空室などで不安定な収益状況が続いている場合は、家賃保証が受けられるサブリースも解決策の糸口です。

業者に任せられる幸せ

サブリースは、その地域に明るい管理業者が賃貸運営にあたりますので、入居者をしっかり募集してくれることが強みです。家賃保証がセットされていれば空室の場合でも収入が生じますから、自主管理では得られないメリットになっています。また、清掃や建物管理をはじめ、入居者との連絡や家賃の徴収なども管理業者が担当してくれるので、手間が掛からず、賃貸運営が本業ではないオーナーにもピッタリです。もちろん入居者との賃貸契約なども行ってくれるため、手続き的な面でもオーナーの負担が軽くなります。そしてサブリースでは家賃保証や空室保証がオプションになっている場合も多いですから、申し込む時はそれらの項目を忘れずにチェックしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加