貯金箱

年金生活が不安ならマンション経営にトライ

高齢者が入居する賃貸住宅

女性

賃貸経営を安定させる

高齢者は賃貸住宅に入居しにくいため、持ち家がない場合は終の棲家を探すのが難しくなりがちです。家主の立場から見れば、万が一の際に家賃収入がなくなることが最大の問題点です。連帯保証人を立てればリスクの回避になりますが、高齢者は安定収入のある親族がいない場合も珍しくありません。家賃債務保証会社は、連帯保証人に代わって家賃の支払を保証し、賃貸経営を安定させる目的で利用されます。入居者は一定の保証料を支払うことで、連帯保証人がいなくても契約を結ぶことができます。ただし保証会社の審査を受ける必要があります。もし家賃の延滞があったら、家賃債務保証会社が家主に家賃を支払い、後で入居者から取り立てるという流れになります。

空室リスクの回避にも

家賃債務保証サービスは一般に家主には負担がなく、確実な収入を期待できるため人気があります。連帯保証人を確保したり、家主が入居者を審査したりする手間も必要なくなります。今後は高齢者の賃貸住宅への需要も増えると予想されますが、連帯保証人がいないという理由で契約を断っていては、家主の機会損失になります。家賃債務保証会社を利用することで、家賃未回収リスクと空室リスクの両方を同時に避けることができます。高齢者にとっても、入居のハードルが下がることは大きなメリットです。もちろん高齢者だけでなく、若者の単身世帯や外国人世帯などでも利用者が増加すると考えられ、これからの賃貸経営には欠かせないサービスのひとつと言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加